思ったことは吐いておけ

オンラインゲームのプレイ日記を主体としたブログです まったり、のんびり、きままに思ったことをつづっていきます。
※現在ブログテンプレート見直し中です。少しづつ変更されていく予定です(現在進行中 15.06.13)

【ネトゲ世界】ALO編(終章) 

カテゴリ「ネトゲ世界」-その10-ALO編(5)

この続きの話しを書くまで
ずいぶん時間がかかったことに、実は理由がある


ここから先はいわば自分の敗走記になるから。


なんかねぇ、どんな話でも何かの終わりって、書いてても楽しくないのよねー
でも、この間ここの世界を後にしたあとにたどり着いたアルカディアサーガの世界が終わってみて
気づいたことがありまして。


ちょっくら書いてこうと思います。

この終わりがないと、今の自分もないのだから。










----季節は8月

当時の記録によると、お盆の季節だったらしい




かの高レベルな方から、インするなり
「昔いたギルドから、エンブレム・ウォーのお手伝いたのまれたから、一時的に抜けさせてー」とあった。
どうやら、権限者(サブマス以上)のインをずっとまってたらしく、自分がその日の最初の人だったらしい。

通常、ギルドというのは、自分でも脱退できるが、自ら脱退すると時間ペナルティで何時間か、
どこのギルドへも入れない状態になる。
これを手っ取り早く避ける方法として、現所属ギルドから「追放」という形で、脱退させてもらえると
即、他のギルドに加入することができるわけだ。

まぁいいんじゃない?。とおもったし、別にギルド内で設けたルールにも反してないしで追放処置実行。


ところが。


放置してもどってきたら、その後インしたマスターがなにやらご立腹・・
他のサブマスともなにやらもめていた

話を聞くと、自分の追放したことが問題になってた


マスター曰く、どんな理由があろうとも、簡単にギルドの出入りを認めると
ギルメンにそういうものかと思われて良くない。と。

・・・ぇえ!?

あ。いや

言われることはわかるんだけど、
事情が事情だし、説明すればわかるんじゃ?

しかし。その剣幕の勢いは抑えられず、今すぐもどってこないんならもう入れないよ
みたいな応答をすることに。
事前にいってあったことなら、まだともかく。初でいきなりそれは・・という意見も虚しく
結局そのまま、その方とはそれっきりになってしまった。

もうすこし。サブマス職の意見を聞いて欲しい・・と正直思ったのを覚えている
自分の考えている運営と、マスターの考えている運営に
少しづつズレを覚え始めた最初の出来事だった。





その頃。似たような話しがもうひとつ。
高レベルな方がいたときのツテで、当時留学先は2つ~3つになっていた。
エンブレム・ウォーに参加してみるメンバーも出始めて
興奮さめやらぬうちに、マスターにどんどんエンブレム・ウォーに出てみたいという話が
かの出戻りメンバーと仲のいいメンバー(男性)の2人でマスターと話していたそうな。

なにがどうしてそういう会話になったのか今となってはわからないが、そのときのマスターの発言が
「じゃぁ、そういうギルドにいきたかったらいけば!?」みたいな話しになったらしく
「じゃぁ、でていくわぃ!」という流れで、
「彼がギルド出るなら、じゃぁ自分も^^」という感じで出戻りメンバー(男性)も、一緒に
ギルド出て行ったみたい。

そのとき、俺がいたならば・・!!間もったのにw

悔やんでも、既にインしたときには、そういうことになってて。
もうどうしようも出来なかった。

「今は実力ないけど、みんなでそのうちエンブレム・ウォーに出れるようがんばろう!」
みたいな言葉おもいつかんかったん?・・・正直、おもったことである。




そのときに、いろいろ聞いてまわったのが、生産職のサブマス(居残りの女性)だったらしく
いきさつは彼女から入手した。
なもんで、マスター主観の話しじゃないので、今思えば若干偏ってるかもしれないw

そのときの彼女の聞き込み姿勢にほれたのか、出てった男性メンバー(付き合ってたほうじゃない仲のいい方)
は生産職のサブマスに好意をいだいたらしく。
ほどなくゲーム内で挙式をあげることになる。


結婚すると、ケンカ別れした、うちのマスターのギルド所属がおもしろくないらしく
それからしばらくたって、生産職のサブマスは事情説明しギルドを脱退する。



他の育ってきたメンバーも
インしなくなったりで、気が付くと常連は自分をふくめ4人になってしまった。


結局、がんばってメンバーあつめても
きっちゃうんだもん。マスターが。
なんか、この頃からサブマス職に疲れを覚え始めました


人が少なくなると、さみしいもので
メンバーどんどん募集しよう!となるんだが
幸か不幸か、この時期から
あきらかに新規さんを見かけなくなる。
過疎化という言葉を悲しいながら覚えた記憶がある





そんな中、自分にとっては信じがたいことがあった。



新サーバ追加実装である。


それも今つないでいる入口側ではなく、とある別の入口からインするメンツ限定だとか。

過疎ってきてる今の時期に?


運営さん、正気!?


その専門サーバを追加されたのが、「ハンゲーム」だった


この後ここを通して始めるゲームがあること、ここでブログを始めることになるなんて
だれが想像できただろうか。
とにもかくにも、自分にとって、ここに対する最初の印象は
最悪なものだった。






それでも
この時期、いろいろあった。
(でも、多少前後してるかもしれないw)


新職業「忍者」の実装である


狩場で知り合ったフレ達と、よく遊んだのもこの頃である
スキルとかあーでもない、こーでもない、わいわいやってた覚えがある。






自分にとって、楽しかったのは
こういう出会いだったり
くだらないことやりながらも、仲間と狩りする時間だったのだと思う



ギルドで人を増やそうという話になると
毎日のメンバー探しの巡回が日課になり、
メンバーが増えるとその人の育成にギルメンであたり
当然、自分のレベルにあった狩りの時間は減っていった


自分もそうやって育ててもらったし
そうしていくことが当然といいきかせていたが
せっかく時間をさいて育てたメンバーも
しばらくするとインがなくなったりと
そういうことを何度かくりかえして、

気づくと

狩場のフレ達は、レベルがあがって、次なる狩場へと移り
虚しさと、やる気でない、そんな心境になってた。






このままではいかん・・と思い

マスターに思いを伝えてみたものの


ギルドを起こしたものと、そうでないもの。



この考えの違いに

深く、

大きな溝を感じた。

当時の自分にとっては、何の参考にもならなかった。




ゲームは
楽しむ為にするもので

苦しい思いをしてまで、

自分の貴重な時間をさいて

サブマスという責任感だけで、インする毎日に

果たして意味などあるんだろうか。




気づくとそういう毎日になってた。

楽しくない、

時間が無駄にかんじる、

遊べない・・・




ちょうどその頃
リアルの資格取得の試験勉強がはじまって
ゲームにかけれる時間が減ってきた


それにプラスして楽しめてない現実。


しだいにインが遠のいていくまでに、時間はかからなかった。



こうして
まったくインしなくなり、初めてのつながりを生んだこの世界を後にした。



そのときに思った。


もうサブマス職はこりごりだ。と。


こころの形がすこし変わってしまった瞬間である



後に出会う出来事の数々によって、この気持ちは救われ癒されることになる。
未来なんて
自分の浅はかな経験だけでは、決まらないのだ。







後日。
気持ちが落ち着いた頃(4ヶ月後)
インして、当時のマスターへ事情説明と、無断でインしなくなったことにたいして謝罪した。
こころよく返事をかえしてくれたものの
当時のギルドは、既に活動していなかった。
サブマス達は別のギルドに移ってたりで、事実上ギルドは解散状態だった。

お世話になったのは事実だし
その後、その世界で生きていく人達に感謝とエールをおくりたい。
自分にギルドを教えてくれてありがとう。






そうして、
この後、いくつかのゲームを流れ歩き
たどり着いたのが

「アルカディアサーガ」である。


この世界で、飛躍的な経験をすることになる。

(つづく)

関連記事




この記事をリンクする?:


[ 2012/03/01 23:19 ] ネトゲ世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アースボルト

◆ 自己紹介 ◆
名前:アースボルト
性別:男

◆ブログについて◆
 普段の日記から、今はまっているオンラインゲームのプレイ日記まで。日々思ったことをブログに吐いていく。そんなブログです。
 いつまでつづくかわからないけど、のんびり、まったり更新していきます♪
更新の時間帯は23時~24時30頃です。

ブログ更新はツイッター(@earcevolt)で呟いていきます。


◆現在進行中のMMO◆
 FF14(フリートライアル中)
 BLESS CBT1予定(17.04.28-05.04)
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来客数
ツイート
その他
◆著作権法等に基づく表記◆
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

<BLESS>
(C) NEOWIZ. All Rights Reserved.(C) NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved.(C) GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


◆これまでの経緯◆

<セブンスダーク>
© 2016 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


<ロードス島戦記オンライン>
©水野良・グループSNE  発行:株式会社KADOKAWA ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved. Developed by L&K Logic Korea Co., Ltd.
クローズドβ時に参加


<ダンジョンストライカー>
--サービス終了--
残念です

<ドラゴンズドグマオンライン>
現在休止中

<黒い砂漠>
元C鯖出身者です
(c)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

<イカロスオンライン>
Copyright WeMade Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright WeMade Online Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright NHN PlayArt Corp.

活動休止しました
エローラ鯖におりました

<クリスタルクレスト>
--サービス終了--
Copyright GRETECH JAPAN Corp. All Rights Reserved.
クローズドβのみ参加しました

<ブレイドアンドソウル>
活動休止中
1鯖「牡丹」にてプレイしてました。
© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.

<FF14>
フリートライアル中
(調査中)鯖 Earce Voltでプレイ中。
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

<ArcheAge>
元最初の遠征隊長
現在休止中
(C)XLGAMES Inc. All rights reserved.
(C)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

<機動戦士ガンダムオンライン>
連邦、アースボルトにて活動したりしなかったり。
基本休止中。

<マビノギ英雄伝>
活動休止中。
メインは剣フィオナ職。アースボルトにて。
Copyrights (C) NEXON Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.


当ブログで、営業目的・商品への誘導と思われる書き込みがあった際は、管理人の判断で問答無用で削除させていただきます。あらかじめご了承願います。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム