思ったことは吐いておけ

オンラインゲームのプレイ日記を主体としたブログです まったり、のんびり、きままに思ったことをつづっていきます。
※現在ブログテンプレート見直し中です。少しづつ変更されていく予定です(現在進行中 15.06.13)

【ネトゲ三千世界】その8 -回想編-「ローズボルト誕生話」 

カテゴリ「ネトゲ三千世界」 -その8-
回想編 「ローズボルト誕生話」


時はワタシが、「マビノギ英雄伝」で遊んでいた頃のお話。
目覚めのときがやってくる。
-------------------------------------------------------------

それは、

とあるブロガーさんの記事に、影響を受けたことが始まりだった。



個人的に、ゲームプレイ日記よりも、日常話の方が面白くて
よく読みに行ってたブロガーさんのおひとり。





さて。その内容というのが、
いわゆる
ロールプレイ的な記事。

そのときは、面白い視点で書くなぁとしか思わなかった。








それがやってきたのは、
ベラ実装時に、初プレイした記事を書いたときだった。

いかにも、それを思わせるようなベラの顔つき。

ちょっときつめの言葉が、似合いそうな独特な雰囲気。

アースボルト系列の名前で、
浮かんできた名前。
それが

「ローズボルト」



・・・まて、まて。
影響を受けたブロガーさんの記事にもローズという名前がついてたじゃないか。
それは避けたほうが、いい気がした・・が、
一度思いついた名前以外に、これだといった名前が出てこなかった。

キャラ的に、もう彼女は、それ以外の何者でもなかった。

それは、
ギリシャ神話時代、神が一度口に出した言葉が、取り消せない様に
一度思いついたものは、何者にも変えることが出来ないそれと同じ。
そんな感覚。









試しに、書いてみた話しが、消すに消せなくなった。

まるで「消してくれるな」と、言わんばかりに。



投稿するか、否か。正直迷った。



書いてて楽しい。これは、ワタシが味わったことの無い領域の話だ。

そして、ある種クセになりそうな感覚・・。自分の中の「とある可能性」に

自分自身が一番、驚いた。



しかし、これは、良く言えばロールプレイ。
悪く言えば、ネカマといわれることを、ワタシは知っていた。


ワタシは、ネ・・、ネカマじゃないっ!!・・・と思う。
そもそも男性よりも女性の方が、だんぜんに好きだ。
(うん、ここら辺は絶対の自信がある。大丈夫だ)

しかし、この高揚感はなんだろうか。

自分以外のキャラクターを作り出す楽しさというべきか

それを、ロールプレイであると断言できない自分がどこかにいる。

いや、そもそもネカマの線わけは、どこで判断するんだろうか。
世の中には、普通に女性は好きだが
女性の格好をするのが好きな男性もいるかもしれない。
(・・いるのか?)

いやいや、結婚はしててリアル世界上、何も不都合ないように暮らしていても
ネット上では女性を演じ続けている人も、いるかもしれない。
(・・・いるのか?)

・・わからない。分からなくなってきた。
たとえそうであったとしても、何も害はないんじゃなかろうか。

そもそも、ネカマが悪いイメージは、誰が決めたんだ。
そう、自分自身じゃないか。
固定観念は、視界を狭くする。

そして、
これは、誰しもが持ってる可能性の一つではなかろうか。

そう、みんなネカマである可能性も、ゼロではない。
ただ。自分で、気づいてないだけで。


さんざん考えたあげく、
めんどくさくなって
投稿ボタンをポチッと押した。



あとは、どうなる。
不評ならば削除あるまでだ。



そんな心境で更新した話が、これだ。



第一話「誕生」




・・これがね、割りとウケが良かったみたい。


もう、引くに引けなくなって
数話続けてみたものの。

第2話
第3話

自分の中の才能の限界ってやつがあって、その後続かなくなり
マビノギ英雄伝では登場することはない。


ブレイドアンドソウルにも登場するが、キャラクターの紹介だけで終わってます。
(ロールプレイ風では書いてない)
一応、こちら

当時の世界が、読み取れます。
最初はそうだったんだよねー(なつかしい)



飛んで、イカロスオンラインの登場につながるわけですが
振り返ってみると、イカロスでは、その一話だけでしたね。

イカロスオンライン版「もしもシリーズ」



実は、この後の世界で
「クリスタルクレスト」というゲームのプレイに参加して
このゲームのローズボルト話を考えていたんですが、あえなくサービス終了になってしまいまして
書く機会を見逃してしまいました。






そして、このイカロスでのお話がきっかけで、この後
思いもしなかった展開になっていこうとは、まだこのとき思いもしなかったのである。



ひとつの出会いが
その人のゲーム人生を変えるときがある。

こうして生まれた「ローズボルト」こと、「ロディ」の旅は
アースボルトとともに、まだまだ続いていく・・・と思われる。

(かなり後になるけど、つづく)



[ 2016/12/24 00:04 ] ネトゲ三千世界 | TB(0) | CM(0)

【ネトゲ三千世界】その7 -マビノギ英雄伝編(3)- 「英雄記2」 

カテゴリー「ネトゲ三千世界」 -その7-
マビノギ英雄伝編(3) 「英雄記2」



2012年1月末~3月頭。
サービス開始から約2ヶ月たとうとした頃。
ワタシのまわりでいろんな出会いが連鎖し始める。

(※当時、書いた時刻で更新していってるので、記録上同じ日に2つ上げてる話があり、
 以下、記載してある日にちは正確ではないかもしれませんので、あしからず)
------------------------------------------------------------------


■2012年 1月27日。
ロチェスト実装。
mabi0203b.jpg

同時に、ダークナイト、パラディンも実装される。

このとき、まだレベルが足りず、すぐには取得できなかった。
どちらの容姿が良いか
どっちのスキルがいいのか、あれこれ考えながらの毎日が楽しかった。



■2月2日
生産スキルの実装。
(記憶はあいまいですが、ロチェ実装と一緒じゃなかった・・と思う。どうだっけか)

同時に、ロセンリエンの迷宮も実装された。
mabi0202b.jpg

情報が何もないままの、全員が初見の野良PTが、楽しかったですね。
mabi0202d.jpg

結局、回線切れ起こして、報酬無くて結構な精神的ダメージ受けた覚えがあります。
最初のころは、PT組んでても回線切れが良くありましたね~。




■メインクエストと、TODAYめぐりの日々。
ときたま、遊び心いっぱいの野良PTにであったり、日々進めて行ってました。
mabi0201d.jpg

そんな中、ゲーム内で始めて「ブログ見てます」と、声かけを頂きました。
とても嬉しかった記憶があります。
ワタシ自身、同じ様に声かけしたことがある身。勇気がいることを重々わかってるので
とてもありがたかった。

ただ、PT解散の直前という、数秒間の時間に打てるチャット文字数は限られていて、
下手したら打てないかもという、ややテンパリながらのチャットでした。



■2月12日
 ダークサイドに落ちる。
mabi0212f.jpg

 心残りがあるとすれば、ゲレンを殺すという選択肢を選んで取得したダークナイトなのに
肝心のゲレンを倒せなかったことだろう。
 思いのほか、感情移入が出来るゲームなんだと気づくw


■2月17日
 装備をスパイダーシリーズに一新する。
mabi0217d.jpg

このときのブログに、コメントを残してくれた方が
この後ワタシがおちいっていく症状に、光をさしてくれることになろうとは、まだ思いもしない。



■2月22日
 第4のキャラ、カロックが実装される。
mabi0210b.jpg

あとで、知るんだけども
2月22日は、ねこの日なんだってね。
にゃー(2)、にゃー(2)、にゃー(2)らしい。
ん?にゃん(2)、にゃん(2)、にゃん(2)、だっけか?




このときの英雄伝は、のちに実装される弓士カイを含め、全部で5人だったみたいだ↓
mabi0222b.jpg


同時に、イベントで上位鎧の支給が開始された。
もちろん使用時間制限付きではあったが、目標のひとつであった装備が着れることがうれしかった。
mabi0222g.jpg


このカロック実装のときに、コントローラが使える様になったのか、説明に追加されていた↓(一番右)
mabi0222c.jpg


少しづつ、いろんなことが実装されていく。




FC2ブログをやってるマビノギ英雄伝プレイヤーからのコメントを頂いたり
偶然野良PTで一緒した方が、FC2ブログでブロ友の方だったり
mabi0226c.jpg

コミュニケーションは少しづつであるが、ワタシの世界で確実に広がっていってた。





■2月25日
 カロック実装と一緒に、Pマッチ戦が実装されていたことを知る。
mabi0225a.jpg

Pマッチ・・。
染料奪ったり出来るチーム戦でしたね。
mabi0225c2.jpg

実装直後のこのときは、ゲーム性が違うんじゃ?と不安になったものだった。
結局、最初の方しか行かなかったな。





■3月1日
 ずっとソロで活動していたワタシに、衝撃的なメールがやってきたのはこの頃だ。

 「人口調査員」と名乗るブロガー「ぷくり」さんが、ゲーム内で会いに来てくれた。
 (・・「人口調査員」とは名乗ってなかったかもしれません)
mabi0229e.jpg

実際、こういうふうに会いに来てくれた方は、この方が初めてで
最初にあったときに
「本当にブログのSSで見る通りのままの容姿だ」って、言われたのが自分の中で忘れられない(笑)

そか、ブログを読む人にとっては、
そんな感じになるのかとw
あとあとワタシも同じ感覚を覚えることになるとは、このとき思いもしない。


この「ぷくり」さんとの出会いで、
何かを楽しもうと思ったときに、こういう行動力の必要性というものを
密かに学ばせていただきました。



そう。そうなんだよなぁ。

どこかでコミュニケーションを自発的に取っていくことに消極的な自分であることに、
このとき気づきました。

「楽しむ」ことに正直になっていこう。と思ったのを覚えています。

mabi0229d.jpg

ちなみに、この「ぷくり」さん。
後々、とあるツイートを見てから、自分の中で一方的にずっと「ぷくりん」さんに置き換わってしまうんですけどねw
(いろいろすみませんw)






さて、
この時代のマビノギ英雄伝ブログは、ブログランキング登録のサイトが主流だったと記憶してます。
まだ当時の公式HPにはコミュニティの場は無く、
ブロガーさんの多くは、ブログランキングサイトに登録されてました。

そこで、常にトップをキープしているブロガーさんがおられまして、
当時、欧米サーバーのマビノギ英雄伝で、活動されていた「こじか」さん。
知らない人はいないくらい有名な方でした(だと、ワタシは思ってます)

日本サーバーよりも実装内容が進んでいて、記事の内容も、一歩先行くものだったというのが強烈で
あちらで在住されている日本人ということもワタシ的にはかなり新鮮な印象がありました。
(現在もいろんな記事で、ブログ書かれておられますね)


で、当時・・、「こじか」さんの記事で、不具合か何かの話があったので、コメント残したんですよ。
そしたら、当ブログへもコメント残されていて、すごく嬉しかった覚えがあります。
「おなか一杯」
当時は、そんな表現でした。



■3月8日
イベント支給装備がおわる。
そして。再び、赤い装備時代が始まる
mabi0308c.jpg



■3月11日
ぷくりさんの一件があってから、ゲーム内でのコミュニケーションが加速したように思う。
この日、前々よりメールでお誘いがあった方とゲーム内で会ってきました。

後に彼女のギルドにお世話になることになる、通称「赤眼の銀さん」こと、「銀」さんです。(あぁ、そのままやないか)
mabi0310d.jpg


装備とかの染色が鮮やかで、いつもSS撮るのが楽しかった覚えがあります。
mabi0310c.jpg

ギルドの方々ともこのとき会ってるんですよね~
縁とは不思議です。




■3月13日
「はる」さんからお誘い受け、遊んできました。
mabi0312f.jpg

実は、英雄伝を初めて、最初の知り合いになったのが「はる」さん。
しかし、ゲーム内で会ったのがこれが最初だというねw

普段ブログで読んでるだけあってなのか
不思議と人物像はブレてませんでしたね。


もうね、この時代。
はるさんのブログといえば、そのギルド共に有名になってたので
緊張しながらの参加でしたよ。
はるさんを筆頭に、メンバーの多くがブログを書くという凄さ。


そして、フィリアさん。
彼女もブロガーさんで、同じフィオナ職。
個人的に好きなブロガーさんのひとりで、更新を楽しみにしてたものです。

楽しい時間を過ごさせていただきました。

最後に、何かのひょうしに貴重な残像映像が撮れたのが思い出深い。
mabi0312a.jpg





■3月14日
 ふたたび「はる」さんからお誘いうけてTODAYめぐりに参加してきました。

 この日は、はるさんのギルドで超有名な方、鬼の教官こと「サテラ」さんも一緒。
mabi0313a.jpg

終始仮面をかぶっておられ、その素顔をみたものは誰もいないという噂がある超凄腕の方。
思えば、装備の耐久値が減るのを防ぐという意味合いも含めて、装備せずに戦闘へおもむくスタイルは
この方を筆頭にはじまったんじゃなかったでしたっけ?(うろ覚え)

違ってたらすみません。

さて、このサテラさん。
実は、このときの戦闘の最後に、仮面がはがれる瞬間のSSが偶然撮れてました。
是非そのSSを載せたい・・と思っていたのですが、

サテラさんの意志なのか、はたまた呪いなのか・・ゲフンゲフン、わかりませんが、
マイPCから探し出すことが出来ず(単に紛失しただけとも言う)

残念ナリ。

その節は、いろいろありがとうございました。




こうしてサービス開始から約3ヶ月たったマビノギ英雄伝の世界。
毎日更新することを目標に励んでいたものの、徐々に影響が出始める3月後半に突入していく。

(つづく)

テーマ : その他オンラインゲーム - ジャンル : オンラインゲーム



[ 2016/02/29 23:04 ] ネトゲ三千世界 | TB(0) | CM(2)

【ネトゲ三千世界】その6 -マビノギ英雄伝編(2)- 「英雄記1」 

カテゴリー「ネトゲ三千世界」 -その6-
マビノギ英雄伝編(2) 「英雄記1」


ワタシの歩いた英雄伝での録。
故に細分類として「英雄記」として書いていく。

結局、順に過去から現在までを追った話「英雄記」と、
それとは別に単発で書いてみたい話「(タイトル都度命名)」とを、そのときそのときの状態に合わせて
書き分けていくことで、自分の中にあったもうひとりの自分を説得することが出来ました。
(ここまでが長かったw)

これから書いていく話は、サービス開始(2012年12月)から、約1年1ヶ月間の英雄伝でのプレイ記録を
アースボルト的視点で、振返りつつ当時の話を盛り込みつつ吐いていくものです。
今の英雄伝とは違う点が多々あるとは思いますが、しばしお付き合い願えればと思ってます。

--------------------------------------------------------------





2012年 12月。

ネクソンさんより「マビノギ英雄伝」がサービス開始される。

mabi-1203.jpg

今尚続いているその世界に敬意をはらいたい。

唯一無二違うとするならば、ワタシが遊んだ時代と、プレイしていた人達だろう。
こればかりは、いつの時代においても再現することはかなわない。

そう唯一無二の記憶。


カテゴリー「ネトゲ三千世界」
マビノギ英雄伝編が始まる。








当時のワタシのPC環境は、友人に作ってもらった自作PC。
「リネージュ2」が遊べる能力があればいい。というものだった。
(結局リネージュ2は遊んでないというのは、その友人にはナイショだw)


当時のPC性能を一言で申すなら、
アルカディアサーガでの防衛戦では、カクつき動作が重くなり、生死をわけるのは人とMOBの多さだった。
TERA世界では、街に入ると固まるというレベル。
ガンダムオンラインでも、カクついて、ここぞというときに攻撃すらできない状態だった。

正直、PC性能の限界ラインに疲れ始めていた。

楽しそうな新作ゲームが発表される中、皆高性能なPCでないと
そのスタートラインにすら立てない。

だからといって、環境を見直せれるほどの資金はすぐに排出できるものでもない。


家庭を養っていっている以上、自身の趣味にさけれるお金には限度があるからだ。





そんな中。
この「マビノギ英雄伝」は違っていた。


高度な演算計算処理で、マップ上のものが壊せて、はじけ飛ぶ!!
ストレスを感じないほどの優雅な動き!!
きれいな画質!!

このワタシのPC性能で!?



この最後のこれ↑が、一番おおきかった。



mabi1205.jpg

わりとすごい処理が、そんなに高くない性能のPCででも楽しめる。
これが、このゲームの凄さだったと思う。


何度も書いてきたが
やっぱり書いておく。
一回の出向(マップ探索)時間が短いというのも、自分にあってた。

あとは、SS(スクリーンショット)が良かった。
装備の耐久値があって、壊れるというのも面白かった。
mabi1208a.jpg

(や、けっしてエロさがどうとかではないw。たぶん)



絵になる画像がたくさん撮れるゲームだったのが良かった。
mabi1229e.jpg

気に入ったSSが撮れたときは、ブログを書くのが楽しみだったし
mabi1222d.jpg


細かいところや、いろんな作りこみを発見していくのもワタシの中で楽しみのひとつだった。
mabi1225b.jpg


あと装備の染色が自由にできたというのも、大きい。
同じ装備でも、色合いが違うだけで、楽しみ方の幅がぐんと広がるものだ。
mabi0103b.jpg





さて、そんな感じで、はじめた英雄伝ブログ。
mabi-blog.jpg



金色の鎧を身に着け始めたころ
最初にコメントを残してくれた人がいた。
mabi0120a.jpg


ワタシが英雄伝に在籍していたころの時代を語るうえで
外すことの出来ないブロガーさんのひとり、へんた・・げふん、ゲフン!! 
下着姿が好き・・・げふん、ごふんw

(ちくしょう、上手く表現できないじゃないかっ!)

・・えー、
まちがいなく、この時代の英雄伝を盛り上げたひとり、「はる」さん。そのひとである。



ワタシは、彼女のブログを通して、英雄伝のブロガーさんの多さを知ることになる。
アメブロの機能について知っていくと同時に、
FC2内でのブロガーさんとの交流も出来ることを知った覚えがある。

この時代
実に多くのブロガーさんが、存在していた。
正確に言えば、英雄伝ブログを書いていく人が増えていったと記憶している。

ブログを書くということが、
一種のブームだったのではないかとワタシは思っている。
すごい数のブログとブロガーさんを、この後見て行く事になる。

それは、
その数だけ、更新が途絶えていくブログを見届けていくことを意味するのだが。

まだこのときは、知る由もない。
この時代、世界は始まりだしたばかりだったのだから。


そして、この後
Web上でも、ゲーム上でもいろんな方々と
交流がはじまっていく出会いが待っていることを、このときのワタシはまだ知らない。

(つづく)



[ 2016/02/14 22:38 ] ネトゲ三千世界 | TB(0) | CM(0)

【ネトゲ三千世界】-その5- マビノギ英雄伝編(1)「英雄伝編を書くにあたって」 

カテゴリー「ネトゲ三千世界」-その5-
 マビノギ英雄伝編(1) 「英雄伝編を書くにあったって」




このブログが始まるに至った動機とも言えるゲーム。
「マビノギ英雄伝」

今尚その世界は継続されつづけていて
使用できるキャラクターは、2015年12月のアプデで10人目になったとか。
正式サービススタート時では3人だったのに
10人目までくるなんてね。ワタシは予想してませんでした。

マビノギ英雄伝のサービス開始と同時に開設した当ブログ。
始めた頃は毎日更新することに心がけてがんばってたものです。

カテゴリー「マビノギ英雄伝」のお話しは、
ワタシ、アースボルトがメインクエストクリアして休止するまで。
その数289話+4話。
時間にして1年と1ヶ月。

ザックリ計算で平均ひと月に22話更新。
実際は、それ以外のカテゴリーも更新していたので、
始めた頃の更新ペースは、それ以上。

・・今じゃ信じられないペースですなw


ちなみに+4話とは、大剣使いが実装されてインした話ですね。






ここから始まったいろんな出会い。
1話から読み始めれば、そこにワタシが歩いた軌跡が書いてある。


まぁ、一話から読んでくれる物好きな方はそうそういないと思うので
こうしてカテゴリー「ネトゲ三千世界」で、
ふりかえりながら、オモテのブログでは書けなかったウラ話を書いていくのですけれどもね。





さて、時は満ちた。
書いていこう!と思いたったものの、

はて。


どう書いていこうか・・と。





書きたい想いはあれど、
自分が望むような書き方が書けるかというのとは、別モノでして。






これまでのカテゴリー「ネトゲ世界」では
ワタシが歩いてきたネトゲ世界で、学んだことや、見てきたこと
今に至るその全てをほぼ書いてきたつもりだ。

「今に至る話」として、最終目標の方向性はゆるがず
書いていく手順も、時間軸に沿ったものだった。
ゆえに迷うこともなく書いてこれたのだが、

「マビノギ英雄伝」編ともなれば、
膨大な量になる。

そして、その全てはweb上に保管されているため
一度読み直そうと思っても、結構な時間を要する。


実は、前々から
これまでのやり方とは違う書き方をやってみたいとおもっていたのだが
いざ、やりだすとなかなか難しい。

書き出していくと、
あれもこれもと増えていき
1回あたりのボリュームと、結局何を言いたいのかが自分でもわからなくなり
納得のいく話しがかけないまま

今日まで来ていた。


ワタシがブログを書くという、その根本にあるものは、
自分が書いてて楽しいかどうかにある。

どうもね、違うのね。
楽しくないと、続かなくなる。



物書きを職業にしている人達って、偉大だわ。

(ワタシの場合は趣味なだけなのですがねぇ)






うーん。


ここにきて
完全に自分を見失う。






こういうときは、基本に一度帰るべきと思い、
通勤中の車の中で
スマホの読み上げソフトで、自身のネトゲ世界を最初から聞きなおしてみたりもした。




成果があったか?と言われれば、微妙だが
書きたい想いがあるうちは、ブレてない。
後半の話は、更新までに、かなり間があった為、
一回ごとの話しに
同じことを繰り返し書いてたりしてた。

書くなら、更新テンポは一定に。
構成は決めて進めた方がいいと思った。




ワタシにとっての英雄伝。
当時のワタシに与えてくれた影響力。
そして再び交わることの無いあの時代。
得たこと全てが、今のワタシの中で生きていく。

ゲームを楽しむということ。
そのゲームを提供している人達がいるということ。

いろんな出会いがあって
いろんな出来事がありました。

感謝の気持ちで、この英雄伝編を綴りたい。






そんなわけで、ネトゲ三千世界的視野でのマビノギ英雄伝編、次回スタートですw
えぇ、次回ですw

ごめんなさい。
んではでは♪




[ 2016/02/13 00:29 ] ネトゲ三千世界 | TB(0) | CM(0)

【ネトゲ三千世界】その4 -その後の世界編(終章)- 

カテゴリー「ネトゲ三千世界」 -その4- その後の世界編(終章)

ブログをFC2ではじめ、マビノギ英雄伝で遊んでいた頃。
それまで繋いでいたネトゲ愛好会の母体ギルドメンバーの活動拠点TERA世界。
ASサービス終了から約7ヶ月後にひとつの形を迎える。



------------------------------------------------------------------------------------------------
ギルドが存在した母体であるゲーム世界がサービス終了し
それぞれのゲーム世界で活動していたワタシ達のもとに
ギルドを作った中心人物「ろー」さんが、マビノギ英雄伝の世界に遊びに来る日がやってきた。


その日は、何かとバタバタしていたように記憶している。
夜21時から集合だったか、詳しいことは忘れてしまったが、
集合時間を「ろー」さん、「ふー」さんと決め、ワタシもその時間にイン出来るよう準備をしていた。

リアル世界で進めていた東京ディズニー旅行の準備も、この日までには終わるように進めていたはずなのに
連日の残業なんかで、思うように進まず、まだ準備が終わっていなかった。

偶然か否か。待ち合わせたその日は旅行前日だったのだ。



集合時間の時間がせまってくる。
あらかじめ、この日のこの時間からは、ネトゲ世界での友達と集まるので
何があっても夜はパソコン使うから。と家族へ通達済み。

楽しみ半分、不安が半分。
アルカディアサーガが終了し、毎週水曜日の集まり「水星会」は消滅していたので、
実際会うのは5ヶ月ぶりだからである。

では不安とは何か。
それは、リアル世界で今尚つづいている旅行の準備が終わるか?という点である。








21時直前。
ひとつ重大なことが判明する。


ETCカードが見当たらない。





車で向かう計画上、高速道路で行くのに、
ETCカードは必須だ。

その肝心なETCカードが無いのだ。

妻、切れる。

そりゃ、そうだ。ワタシが逆の立場だったら同じように思うもの。






もうゲームどころの話しではない。


いや、ゲームのゲの字すら、口に出してはいけない空気だった。


でも、おいておいたところに無いのだ。
もー可能性のある場所を探す探す探す・・

ツイートで、約束の時間にインできないーと連絡。

刻一刻と時間ばかりが過ぎる



「ろー」さんと、「ふー」さんは合流し、先にいくつかのマップをまわってくるねーと
ツイートで連絡がある。
彼らは、一足先に舟を出向させ冒険の地へ。


再び、時間が刻一刻と流れる。

・・まずい。約束しておいて、インできない。





見つからないETCカードについては、父に事情を話しその日は父のETCカードを借りることとして
とりあえずの対処はすませる。

しかし、まだ準備が終わらない。
今思えば、何に準備が終わんなかったのか不思議である。

後になってわかるのだが、おいてあった棚の下にカードは落ちていて、心に余裕の無かったこのときには
絶対見つけることは出来なかったと思う。



さすがに、これ以上は待たせておけないと思い、

怒る妻に、事情を説明し
人を待たせているから30分だけゲームにインすることに了承もらい
約束の時間から1時間はたったであろう時刻に
英雄伝の世界へ、インすることができた。










連絡してしばらく後、ふたりがやってくる。
「ふー」さんは、イヴィ職。
「ろー」さんは、リシタ職だった。
「ろー」さんの髪型が金髪なのは、やっぱり外せない仕様らしい。

こうして
マビノギ英雄伝の世界において、
「ろー」さん、「ふー」さんらと合流し、実に5ヶ月ぶりに再会を果たすことが出来た。




じゃー、せっかくだから3人で一戦いってみよーか!
ってことで出発。

「ろー」さん的に、炎のマップが行ってみたかったそうだが、あれはある程度進めないと行けない。
ワタシのブログでそのマップの炎について触れてた話しがあって、行ってみたいマップだったそうだ。


サクサクッっと、回った後、広場で雑談が始まる。
たしか「元気~?」的な会話から、はじまって「実は・・・」という話しにつながっていく。

ワタシの記憶の中で、TERA展開のギルドは、
ワタシが抜けた後、初期の頃からいたサブマス職の主要メンバーのインも無くなって
新たにサブマスが必要になって、就任したのが「ルー」さんだったところまでだ。

たしかに「ルー」さんは、後半のTERA世界において、レベルの低いワタシのクエストによく付き合ってくれていたし
面倒見もいいことから、「ろー」さんがサブマスをお願いするに至った考えも良くわかる。

水星会でも見かけていたから、てっきり今日の参加も「ルー」さん来るのかと思っていたが
残念ながら予定が合わなかったらしく、
みんなによろしくと言っていたらしい。

話しは、その「ルー」さんの話題になっていく。



おもおもしく口を開いた「ろー」さんから、今ギルドでかかえている問題について話がある。

それは、ズバリ「恋愛」話らしい。
とはいっても、のろけとかどうとかではなく、一方的に「ルー」さんが、とあるギルメンから好意をもたれて
困っているという内容だったと思う。
その関係の相談話を、「ろー」さんにWISチャットで来るらしく、ときには1時間とかそんな単位になることもあるらしい。

さすがの「ろー」さんも、精神的に少々まいっている感が、チャット越しに伝わってくる。



あー・・、わかる。
ワタシは知っている。
それは、ゲームがゲームで無くなっていく時間。
目に見えない心を蝕むバットステータス。
そして、きっと多くのオンラインゲーム上で繰り広げられているである話なのだ。

問題なのは、「ルー」さんが断っても
執拗な態度を向こうがとってくるということらしい。


それにしても、あの人がそんなことを!?
「ふー」さんと一緒に話していた。

なんとか「ろー」さんの力になってあげたいものの、
既にワタシは、TERA世界を脱退した身。
気持ち的にも、定額課金の敷居があって、再び降り立つことが出来る状態ではなく、
どうすることも出来なかった。

ただ、そこは
「ろー」さんもわかってて
単に話しをしたくて来た感が、あったっぽい。

じゃー、気分転換にもう一戦行きますかっ!



と、いうタイミングで、ワタシはリアル世界に引き戻される。

そうだった、準備終わってませんでした。


もっと話していたかったが、事情を説明しワタシだけ先に落ちる。







ワタシの不手際がなかったなら、
集合する日を、この日にしなかったなら、
もっとじっくり話しを聞いてあげれたんではなかろうか。

あとになって
この日の出来事は後悔ばかりが思い返されることになる。







これが「ろー」さんと過ごした最後の出来事になる。
少なくとも今日まで会ってない。

その後は、ギルドのブログを通して、いくどかの状況を見ていくが
いつのまにか更新がとだえ
唯一「ニー」さんが書いてくれるブログの更新で、ギルド内の状況がわかる時期がつづき
幾人かのツイートをみて、かつてのギルドが活動を停止していることを知る。
まぁ、あくまで外から見てという状態なので正確なことはわかりませんが。

そのときの心境を、当時のブログに残していた。



時間がたつにつれて、古きよき時代を懐かしく思うようになる。

まぁ。みんな元気にしてくれてたら
それで何よりだと思う。

ただ、そのとき思った後悔の念は
こうやって、吐き出すまでずっと残ってた。

あれから、なるべく後悔の無い様にネトゲ世界においても、リアル世界においても
ワタシの生活は変わってきている。
きっと、前までだったら自分から行動してないだろうと思うことも。
少しずつだが、出来るようになっている。

もちろん、その後
ETCカードの紛失は二度としていない。



(「その後の世界」編 完)



[ 2015/11/22 23:19 ] ネトゲ三千世界 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

アースボルト

◆ 自己紹介 ◆
名前:アースボルト
性別:男

◆ブログについて◆
 普段の日記から、今はまっているオンラインゲームのプレイ日記まで。日々思ったことをブログに吐いていく。そんなブログです。
 いつまでつづくかわからないけど、のんびり、まったり更新していきます♪
更新の時間帯は23時~24時30頃です。

ブログ更新はツイッター(@earcevolt)で呟いていきます。


◆現在進行中のMMO◆
 黒い砂漠に復帰中(17.02.14~)
 

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
来客数
ツイート
その他
◆著作権法等に基づく表記◆
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

<セブンスダーク>
© 2016 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.



◆これまでの経緯◆

<ロードス島戦記オンライン>
©水野良・グループSNE  発行:株式会社KADOKAWA ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved. Developed by L&K Logic Korea Co., Ltd.
クローズドβ時に参加


<ダンジョンストライカー>
--サービス終了--
残念です

<ドラゴンズドグマオンライン>
現在休止中

<黒い砂漠>
元C鯖出身者です
(c)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

<イカロスオンライン>
Copyright WeMade Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright WeMade Online Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright NHN PlayArt Corp.

活動休止しました
エローラ鯖におりました

<クリスタルクレスト>
--サービス終了--
Copyright GRETECH JAPAN Corp. All Rights Reserved.
クローズドβのみ参加しました

<ブレイドアンドソウル>
活動休止中
1鯖「牡丹」にてプレイしてました。
© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.

<FF14>
活動休止中
Asura鯖 Earce Voltでプレイしてました。
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

<ArcheAge>
元最初の遠征隊長
現在休止中
(C)XLGAMES Inc. All rights reserved.
(C)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

<機動戦士ガンダムオンライン>
連邦、アースボルトにて活動したりしなかったり。
基本休止中。

<マビノギ英雄伝>
活動休止中。
メインは剣フィオナ職。アースボルトにて。
Copyrights (C) NEXON Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.


当ブログで、営業目的・商品への誘導と思われる書き込みがあった際は、管理人の判断で問答無用で削除させていただきます。あらかじめご了承願います。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム